口内炎とドライマウス対策

Pocket

近年、口内炎の原因として注目されているのが口内の乾燥(ドライマウス)です。ドライマウスは「口腔乾燥症」ともいい、本来なら常に唾液が分泌され適度に湿潤であるべき口内・口腔内が乾燥してしまうことですが、最近はドライマウスになる人が増えており、口内炎の原因のひとつともいわれています。

ドライマウスの原因

ドライマウスにはなるのには自己免疫疾患の一種であるシェーグレン症候群などの疾病が原因となる場合もありますが、現代においてドライマウスになる主な原因は、疾病由来ではなく唾液の減少と、口を開けていることによる乾燥がほとんどであると言われています。
唾液の分泌が減少する要因は様々ですが、口内の乾燥自体は口呼吸などにより口内が乾燥してしまうことによるものが大きいのです。

・その他のドライマウスの原因

○老化
○体内の水分が減る
○更年期障害の影響
○酒・たばこ・辛いものなどの刺激物
○刺激の強いマウスウォッシュなどでのうがい

口内炎とドライマウス

唾液には口内の最近の増殖を抑える効果がありまた様々な雑菌や汚れを洗い流す効果がります。このため口内が渇いて口内の唾液が減ると口内炎や歯周病などの原因菌が繁殖しやすくなり小さな傷が口内炎に発展する可能性が大幅に高まります。
また、口内が乾燥すると口内粘膜の自己再生力が低下し、小さな傷などの治りが遅くなりその間に雑菌が繁殖し口内炎になる可能性が上がります。
そもそも唾液は口内の粘膜表面を覆うことで様々な物理的刺激から口内を守っているので、口内が乾燥し湿潤性が減ると口内に傷自体ができやすくなります。
現在では口内炎の原因としてドライマウスが注目されており、口内炎になりなくい口内環境を作るためドライマウス対策は重要であると位置づけられています。

ドライマウス対策

では、ドライマウスにならないための対策をご紹介します。

よく噛んで唾液の分泌を増やす

本来、唾液は何もしていなくても一定量が常に分泌され口内を潤しています。食事の時などはさらに多く分泌され、消化酵素の一種として使われます。
唾液を意識的に分泌させる方法として最も効果的なのは、「物を良く噛む」ということになります。食事の際などには意識的に良く噛んで食べることで唾液の分泌を促します。
食事の時以外では、ガムなどを噛むことで唾液の分泌を促すことができます。
その他、梅干しやレモンなどを食べたり、あるいは食べなくともそれらの食品を思い浮かべるだけでも唾液の分泌を促せるのは有名ですが、これは、酸っぱい物を食べるると口内が酸性になり歯を溶かす原因になったりするので唾液を出すことで口内の酸性度を中和しようとする反応によるとされています。

→口内炎に良い食べ物

唾液分泌マッサージをする

実際に唾液を分泌させる器官は唾液腺とよばれており、口周囲のいくつかの場所に点在しています。
この唾液腺をマッサージすることで唾液の分泌を促すことができます。
特に耳の下あたりにある「耳下腺」、「顎下腺」などはマッサージしやすいので適時この唾液腺マッサージを行うことで唾液の分泌を促すことが可能になります。
方法はいたって簡単。「耳下腺」の場合は耳の下あたりのエラのラインから頬にかけての位置、「顎下腺」はそのさらに下あたりの顎からエラにかけての位置を大きくマッサージします。
力を入れすぎず、押すように10~20回ほどマッサージし、これを一日に何度か、また口内が乾燥してると思った時に行います。

口呼吸を防ぐ

唾液の分泌は正常でも、口呼吸などにより常に口内が外気にさらされていると口内はみるみる乾燥していきます。
口内を乾燥から防ぐためにも口呼吸を改善することは重要です。

→口内炎とドライマウス・口呼吸

Pocket